バリ島で挙式をした私がリゾ婚をおすすめする5つの理由

スポンサーリンク
旅行

一昨年、実際にバリ島で挙式を行った私がリゾ婚をおすすめする5つの理由について書いていきます!

①費用が安い

②家族と旅行ができる

③両家が仲良くなれる

④準備が楽

⑤形式ばったスピーチしなくて良い

ーーーーーーーーーーーーーー

① 費用が安い

いきなり『うそでしょ!』というような話ですが本当です。

私が実際に支払った費用が

・挙式代 40万円

・旅費(2人分) 20万円

・食事会代、親族の旅費負担 40万円

ざっくり、トータルで100万円ほどです。思ったより安くないですか?

ウルシャンティという素敵な式場を使い、リゾートエリアにあるサダラというホテルのスイートルームに泊まりました。それでも衣装代含め40万円ほどです!

恥ずかしいですが実際の式の様子です。。
スイートでも2人で1万円ほど!

結婚式準備サイト『ハナユメさん』によると結婚式の 平均予算は
平均費用328万円-ご祝儀平均額210万円=118万円です。遠方からも多数来てもらう場合はお車代や宿泊費などが必要になるかと思います。

結婚式場探しは【ハナユメ】口コミ・割引満載の結婚式場情報サイト
ハナユメは、全ての花嫁の理想を叶える結婚式場探しサービスです。豊富な写真でカンタン検索、結婚式費用がお得になる「ハナユメ割」で、累計10万組以上の結婚式をお手伝い!全国12店舗で、結婚式の疑問をプロに無料相談も可能。結婚式場のランキングや口コミも多数掲載。

そしてゼクシィによるとハネムーンの費用は60万円程度。

合わせると平均して160万円の出費ということになります。

結婚式のお金の相場【ハネムーン編】先輩花嫁の実例付き
結婚式を終えた後のお楽しみといえば、ハネムーン! 行き先や宿泊数によって金額は大きく変動するものの、大体いくら必要になるもの?の目安を知っておくことで、希望するハネムーン先に向けてお金のやりくりができるように。結婚式のお金の準備と合わせて、ハネムーンの予算もしっかり計算しておこう。

挙式もオプションや式場により費用大きく変わりますし、ハネムーンも行先によりピンキリですので個人差はありますが、ポイントとして海外挙式はハネムーンと挙式を兼ねることで費用を安く抑えることができるのです。

ちなみに浮いたお金で、フィリピンとロシアのウラジオストクに入った話はまた別途。

②家族と旅行ができる

行きたいという思いがあっても、大人になるとなかなか家族で旅行っていけないですよね。ましてや海外なんて仕事の都合もあるし、、

しかし、息子・兄弟の結婚式となれば行くしかない!会社にも休む理由としてはつけやすいですよね。笑 バリ島まできてくれた家族たちには本当に感謝ですが、みんなにも楽しんでもらえたようで何よりでした。

③両家が仲良くなれる

両家の家が物理的に離れている場合、顔合わせや結婚式以来ほとんど会ったことがないということも多いのではないでしょうか。

海外挙式に招いて一緒に観光などもすることで両家の関係はグッと深まります。長い付き合いになることは間違いないので関係が良好なのはとても良いことですよね。我々の実家は離れてはいますが年に数度は家族ぐるみで交流があります。

④準備が楽

日本で披露宴を行う場合、みなさん準備ですごく疲れてますよね。意見があわず疲れと相まってケンカになったり、最悪離婚にまで発展したケースまであるそうです。

私が海外挙式までに行った打ち合わせは2回(衣装合わせ含む)、現地で1回(式の前日に1時間ほど)の計3回で5時間ほどです。

また、誰をお呼びするかや、乾杯の挨拶・スピーチの人選なども非常に悩ましいと思います。海外挙式ではその点で悩まなくてもいいのもポイントですね。

⑤形式ばったスピーチしなくて良い

これは新郎と新郎父だけかもしれませんがスピーチや感謝の意を伝える時間がありますよね。大体最後に控えているため、式が終わるまで緊張が続きますし、失敗しないためにお酒も控えなければなりません。

私が挙式の最中発した言葉は、

『Yes,I do.』以上です。

海外挙式って最高ですね!

結婚式はお世話になっている方々へのお礼の場でもありますのでしっかりとお土産を買ってきたり、求められれば映像をしっかり共有しましょう!(押しつけはよくありませんが笑)

以上、実際にバリ島で挙式をした私がリゾ婚をおすすめする5つの理由でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました